あなたはどうする?正しい住宅業者の選び方とは

まずは考えたい予算との関係とデザイン

注文住宅を建てるときには一度きりの大きな出費になり、建てた家にはほぼ一生住むことになると考える必要があります。その関係から住宅業者を選ぶときにまず注意したいのが予算との関係や業者が手がけている住宅のデザインです。住宅業者によって標準的な価格に違いがあるため、どの程度の住宅面積にするかを考えた上で、各業者の基本的な坪単価から概ねかかる費用を計算してみましょう。確保できる予算に基づいて適切なレベルの業者を選ぶのがまず必要です。また、業者の実績を確認してどのようなデザインの住宅を手がけているかを見るのも大切と言えます。そのデザインが気に入るかがその住宅業者を選んで納得できるかどうかを左右するからです。

担当者との相談しやすさが肝心

住宅業者を選ぶときには実際に面談をしてみるのが良い方法です。予算やデザインからいくつかの候補に絞り込めたら、家を建てたいと考えているからサンプルを見せて欲しいという話をして担当者と面談してみると業者の良し悪しを判断することができます。実績の有無を確認できるだけでなく、担当者との相談しやすさを確認できるのがメリットです。担当者には自分のこだわりや要望を何度も伝える必要があるため、気軽に話ができる人であるのが望ましいでしょう。また、色々な説明をしてもらったときにわかりやすいことも重要です。このような観点から住宅業者を選んでおくと担当者との付き合いにくさが原因で失敗してしまうということがありません。